与えたい印象を決める

結婚相談所では、成婚がゴールです。 成婚のためには、お見合いをする必要があります。 お見合い相手は結婚相談所が紹介してくれますが、紹介されたお見合い相手と会ってみるか会うことすらお断りするかは、 第一印象の決め手となるプロフィールや写真にかかっています。 つまり、お見合い写真は、結婚を希望する人にとって重要なツールなのです。

お見合い写真では、光の当て方というプロフェッショナルなテクニックも関係してきますが、服装や背景選び、ヘアメイク、表情といった要素も重要です。 そして、これらの要素を決める前に考えておきたいのが、与えたい印象です。 自分を良く見せたいと思うのは誰でも同じですが、漠然と良く見せたいと思って服装などを選ぶか、与えたい印象を決めて選ぶかでは大きな差が出てきます。 与えたい印象は具体的に越したことがありませんが、具体的過ぎてポイントが絞られなくなってしまうのもNGです。

自分の中の長所で見せたいポイント、撮影したときにウィークポイントとなるのはどこかに絞って考えると、不思議と自分の良さが出る写真になります。 長所を考えるのは、人柄をアピールするためです。 撮影するとウィークポイントが強調されてしまう場合は、その点をカバーする工夫をすればよいのです。